活用事例 ビジネスを加速させるSNSの運用方法を徹底解説!トレンドを抑えて成功に繋げよう
その他・キャンペーン全般

ビジネスを加速させるSNSの運用方法を徹底解説!トレンドを抑えて成功に繋げよう

公開日:2024/02/04
SNS運用をビジネスに活用することで、認知拡大や人材獲得につながります。本記事では、ビジネスで活用したいSNSの種類のほか、SNSの活用が効果的なビジネスシーンや実際の成功事例も紹介。SNSの運用を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

SNSの活用がビジネスに欠かせない理由

SNSとは、ネット上でユーザー同士がつながるサービスのこと。投稿による情報発信はもちろんのこと、コメントやいいねなどを通じて相互コミュニケーションが取れる点も特徴です。

まずは、SNSの活用がビジネスに欠かせない理由を紹介します。

コストを抑えて運用できる

SNSにはさまざまな種類がありますが、基本的には無料でアカウントを運用できるサービスがほとんど。また、自社でシステム構築や特別な開発をすることなく簡単に利用できるので、価格はもちろん人件費も抑えて運用しやすい点が大きなメリットです。

幅広い層にリーチできる

スマートフォンの普及によりSNSの利用者は増加しており、多彩な層にリーチできるのも強みです。SNSは不特定多数のユーザーに情報発信することができるため、普段は自社とのつながりが薄い顧客であっても認知してもらえるかもしれません。

また、SNSにはシェア機能が充実しているものが多く、拡散力が高い点も魅力です。

ビジネスで活用したいSNS6選

SNSにはさまざまな種類があるため、どのSNSを使うべきか迷ってしまう方もいるかもしれません。ここでは、ビジネスで活用したいSNSをピックアップして紹介します。

・X(旧Twitter)
・Instagram
・facebook
・Youtube
・TikTok

それぞれの特徴について解説するので、参考にしてみてください。

LINE

LINEをビジネスに活用する場合は、「LINE@」や「LINE公式アカウント」を利用することで複数のユーザーに対して発信をおこなえます。

スマホユーザーであれば連絡ツールやチャットサービスとして利用している方がほとんどなので、新たにアプリのダウンロードや新規登録の必要がない点が大きなメリット。

アカウントによってそれぞれ利用料金がかかりますが、リピーターの獲得やキャンペーンの告知などに使いやすいSNSです。

X(旧Twitter)

X(旧Twitter)は、短いテキストで意見や情報をシェアできるSNS。匿名で利用しているユーザーが多いことが特徴です。シェア機能により投稿閲覧数が拡散されやすいため、キャンペーンの開催や認知拡大に向いています。

画像、動画、テキストいずれにおいてもインパクトのある投稿が注目されやすく、企業アカウントの場合もユーモアのある内容が好まれやすいでしょう。

Instagram

Instagramは、写真や動画といったヴィジュアルでの訴求に向いているSNSです。おいしそうな料理や絶景の見えるホテルなど、見た目が華やかな投稿が好まれやすい傾向にあります。

X(旧Twitter)ほどの拡散力はないものの、ハッシュタグや位置情報を使うことで多くの方に見てもらえる可能性があるのも特徴。特に女性の利用者が多く、主婦や子育て層へのリーチにも向いているでしょう。

Facebook

Facebookは本名での登録が必要なSNSで、ビジネス目的で利用しているユーザーが多いところが特徴です。企業アカウントではプロフィールが充実しているので、可能な限り詳細に記入しておきましょう。

10代〜20代前半の若年者は登録していない場合も多いため、成人済みユーザーに対しての訴求に利用するとよいでしょう。

YouTube

YouTubeはSNSの中でも動画のプラットフォームとして知られるサービスで、若年層からミドル世代まで幅広い世代が利用しているところが特徴です。

自社スタッフが発信したり、開発秘話などの動画を投稿したりといった使い方をする企業も出てきており、サービス紹介だけでなく顧客のファン化にも向いているでしょう。

TikTok

TikTokは、15秒〜3分程度のショート動画を投稿できるSNS。フォローをしていないアカウントの動画も「おすすめ」として流れるため、無名のアカウントも拡散されやすいところが特徴です。

真面目な内容よりはエンターテイメント中心の投稿が多く、若い世代に広く普及しています。

SNSの活用が効果的なビジネスシーン

ここからは、SNSの活用が効果的なビジネスシーンについて紹介します。

・認知拡大
・集客
・顧客のファン化
・ブランディング
・採用

認知拡大

SNSは不特定多数のユーザーにリーチできるため、自社やサービスの認知拡大に向いています。X(旧Twitter)をはじめとしたシェア機能はもちろんのこと、ユーザーごとの閲覧傾向によって「おすすめ」が表示されるSNSも多く、企業の規模が小さかったり、アカウントのフォロワーが少なかったりする場合でも認知向上を狙うことが可能です。

集客

SNSの投稿やプロフィールに自社サイトのURLを設置すれば、投稿に興味を持ってくれたユーザーを購入場所まで誘導でき、売上アップにもつながります。

ただし、URLのついた投稿ばかりをしているとフォロワーが減ってしまう可能性もあるため、バランスを見ながらタイミングを見て投稿していくことがポイントです。

顧客のファン化

ユーザーに近い目線で投稿できるSNSの特性を活かして、共感してもらえる内容を発信することで顧客のファン化を目指すことも可能です。

公式な場では発信しづらい裏話やスタッフのつぶやきなどを投稿すれば、ユーザーが親しみを感じてより近い存在として認知してもらえるかもしれません。

ブランディング

SNSではテキストだけでなく画像や動画の投稿ができるため、クリエイティブを活用して自社イメージをビジュアルで伝えることも可能です。自社やサービスのコンセプトを明確にして、扱いやすいSNSを選ぶようにしましょう。

採用

会社経営にはさまざまなコストがかかりますが、中でも採用に大きなコストをかけているという企業も少なくありません。以前は人材紹介会社による求人が一般的でしたが、スマートフォンの普及によりSNS上で採用活動をおこなう企業も登場するようになりました。

X(旧Twitter)やInstagramなどで人事部のアカウントを作り、直接求人活動をおこなうことで、コストを抑えた採用が可能です。

SNSを活用したビジネスを成功させるポイント

SNSをビジネスで活用する際は、できるだけ多くのユーザーに投稿を見てもらえるように工夫しましょう。

ユーザーに興味をもってもらうためには、「自社がアピールしたいこと」ではなく、「ユーザーが知りたいこと」や「ユーザーがおもしろいと思うこと」に内容を寄せて投稿するのがポイントです。

また、できるだけ自社のターゲット層が多く利用しているSNSを選ぶようにしましょう。

SNSを利用する際は、各SNSの利用規約を守ることも大切です。守らないとユーザーからの心象が悪くなったり、運営にアカウントを停止させられたりする恐れがあります。

飲食店や美容室などの利用客と実際にやり取りがある業界は、SNSだけではなくそれらの実際の対応も大切です。利用客に好感を抱かれる対応をすることで、SNSでもユーザーが好印象を持ってくれるでしょう。

SNSをビジネスで活用した成功例3選

ここからは、SNSをビジネスで活用した成功例をピックアップして紹介します。どのような運用をすればよいかわからない方は、ぜひアイデアの参考にしてみてください。

・Mr. CHEESECAKE
・国土交通省
・ファミリーマート

Mr. CHEESECAKE

“世界一じゃなく、あなたの人生最高に。”というコンセプトをかかげる『Mr. CHEESECAKE』は、チーズケーキを提供しているブランド。InstagramやX(旧Twitter)をメインに販売日情報やおすすめの食べ方、プレス情報などを発信しています。

「#mrcheesecake」というハッシュタグを活用したり、ユーザーの口コミを紹介したりすることで、消費者を巻き込んだブランディングに成功しました。

Mr. CHEESECAKE 公式X(旧Twitter) 参照

国土交通省

民間企業だけでなく、公的機関もSNSを利用するようになっています。実際に国土交通省では、Facebookのアカウントで採用活動についての情報を発信。説明会開催や応募締め切りの告知を案内しているほか、イベントの集客にも活用しています。

国土交通省 公式facebook 参照

ファミリーマート

ファミリーマートでは、自社のマスコットキャラクター「日々野 優」が発信するというスタイルでX(旧Twitter)を運用しています。定期的にキャンペーンも開催しており、2023年8月にはユーザーのアイコンが「ファミチキ」に変わるという「アイコンジャックキャンペーン」が開催されたことでも話題となりました。

ファミリーマート 公式X(旧Twitter) 参照

効果的なSNS運用でビジネスを成功させよう

スマートフォンの普及が進む中、ビジネスにおいてもSNSの運用は必須であるといっても過言ではありません。SNSによって好まれやすい投稿や使用しているユーザー層が異なるため、自社サービスや目的に合ったSNSを選ぶようにしましょう。

関連記事
【完全版】インスタントウィン徹底解説!キャンペーンの仕組み・活用方法・開催事例までまるごと紹介
インスタントウィンとは、当選結果がすぐにわかる懸賞システムのことです。X(旧Twitter)やInstagram、LINEなどのSNSを用いて開催されることが多く、効率的にフォロワーを獲得できる点が大きなメリット。本記事では、インスタントウィンを用いたキャンペーンの仕組みや活用方法・具体的な事例をピックアップして紹介します。
公開日:2023/12/27
継続率の高い顧客の獲得に効果的!お友達紹介キャンペーンのコツを徹底解説
お友達紹介キャンペーンの開催を検討している方向けに、開催のメリットや特典選びのコツを紹介します。お友達紹介キャンペーンでは、紹介者だけでなく被紹介者も参加したくなるような内容を考えることがポイント。記事の後半では具体的な事例も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
公開日:2023/12/18
【2023最新】サポート内容も解説!SNSキャンペーン代行会社おすすめ10選
SNSでキャンペーンの実施を検討している方の中には、企画の進め方が分からず苦戦している方もいるでしょう。もし企画が思うように進まない場合は、専門の会社に依頼するのがおすすめです。本記事では、おすすめのSNSキャンペーン代行会社10選を紹介します。さらにサービス選びのポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。
公開日:2023/11/28
【機能・費用から徹底比較】インスタントウィンツール19選!効果的なキャンペーンが実施可能なツールは?
X(旧Twitter)やInstagramなどのSNSでは、当選結果がその場で分かるインスタントウィンキャンペーンが実施できます。こうしたキャンペーンを実施するためには、専用ツールが欠かせません。しかし、ツール選びで苦戦している方もいるでしょう。本記事では、インスタントウィンツールの選び方のポイントを解説します。基本的な仕組みや手順、おすすめのツール、注意点なども紹介するので、参考にしてみてください。
公開日:2023/11/27
少ない費用で大きな認知拡大が可能!SNSを活用したプレゼント企画を詳しく解説
X(旧Twitter)やInstagramといったSNSでは、プレゼント企画の投稿も見られます。SNSでのプレゼント企画を実施することで、認知拡大や実店舗への来店を期待できるため、事業者の方にはおすすめの販促方法の1つです。当記事では、SNSのプレゼント企画の概要やメリット、実施する際のポイント、注意点を解説していきます。
公開日:2023/11/16
失敗しないデジタルキャンペーンの実施方法を解説!認知拡大や新規顧客獲得を効率的に!
WEBを中心に実施される「デジタルキャンペーン」。このキャンペーンには、認知拡大や新規顧客獲得といったメリットがあります。当記事では、デジタルキャンペーンのメリットや実施する方法、効果的に行うためのポイントを紹介。認知拡大や新規顧客獲得を図りたい事業者の方は参考にしてみてください。
公開日:2023/11/14

SNSキャンペーンを開催してみませんか?

今すぐ無料で開催することも可能です。または、まずは資料請求や無料デモを依頼して相談しながら進めることもできます。

今すぐはじめる

無料でアカウントを作成して、自由にキャンペーンを作成できます。
無料ではじめる

まずは相談する

Boosterの専門スタッフに相談しながら、キャンペーン開催の全面サポートを受けることができます。
お問い合わせ