活用事例 【2024年最新】SNSキャンペーンの事例13選|効果抜群の実施方法を解説!
その他・キャンペーン全般

【2024年最新】SNSキャンペーンの事例13選|効果抜群の実施方法を解説!

公開日:2024/06/07
SNSキャンペーンの事例や成功させるコツ、手法について紹介します。SNSキャンペーンは情報を拡散しやすく、認知度を高めたり新規ユーザーを獲得できたりと、企業のマーケティングにおいて重要な施策の1つです。本記事では、X(旧Twitter)やInstagramをはじめとしたSNSのキャンペーン事例から、手法の種類、成功のコツまで解説するので、SNSキャンペーンの面白い企画づくりに悩んでいる方は必見です。

SNSキャンペーンとは

SNSキャンペーンとは、XやInstagram、TikTokなどのSNSを使って行うマーケティング施策のことです。

プレゼントやクーポンなど景品をきっかけに、ユーザーにフォローや投稿拡散をしてもらうことで、フォロワー獲得や認知度の向上、販売促進につなげることができる施策です。

SNSキャンペーンを実施するべき3つの理由

企業がSNSキャンペーンに取り組むべき理由は以下のとおりです。

  1. 認知度の向上につなげられる
  2. 新規ユーザーを獲得しやすい
  3. ユーザーの定着が見込める

1. 認知度の向上につなげられる

企業がSNSキャンペーンに取り組むべき理由の1つとして、認知度の向上につなげられる点が挙げられます。SNSは多くの消費者が利用していることに加えて、リポストや「いいね」などの機能があるので、投稿の拡散効果が期待できます。

SNSで自社商品の紹介を上手く拡散できれば、認知度向上から、結果的に販売促進、ブランド力の向上まで繋げることができるでしょう。

2. 新規ユーザーを獲得しやすい

SNSキャンペーンによって新規ユーザーを獲得しやすいことも、企業にとってメリットです。

SNSキャンペーンの応募条件として、自社アカウントをフォローすることを加えることで、プレゼントをきっかけにフォローしてくれるユーザーを見込めます。キャンペーンは、短期間でユーザー数を増やしたい場合に有効な手段といえるでしょう。

3. ユーザーの定着が見込める

一度フォローをしてくれたユーザーは、継続して投稿を見てくれる傾向があります。お得なキャンペーンをフックとしてフォロワーになったことで、次のキャンペーンにも期待をしてフォローを解除せずにいてくれる可能性が高いためです。

また、キャンペーンは企業とユーザーや、ユーザー同士のコミュニケーションを強化する側面もあります。コミュニティの形成が行われることで、結果としてユーザーのエンゲージメント向上にも繋げられる可能性があります。

【4ステップ】SNSキャンペーンの実施方法

SNSキャンペーンの実施方法は以下の通りです。

  1. 実施目的を決める
  2. 媒体と手法を決める
  3. 抽選方法を決める
  4. 効果測定を行う

1. 実施目的を決める

自社の商品やサービスの認知拡大や新規フォロワーの獲得といった具体的な目標を決めます。フォロワーを増やしたい場合は、応募条件にアカウントのフォローを条件に組み込むというような形です。目標達成に近づけるようにキャンペーンの参加条件を設定しましょう。

2. 媒体と手法を決める

XやInstagram上でフォローやリポスト、ハッシュタグ機能を利用した投稿を条件に特典を配布する形が一般的です。

3. 抽選方法を決める

無作為に当選者を決める方法が一般的ですが、ツールを利用した「インスタントウィン」という即時抽選を行う方法があります。参加率アップに役立ちますが、実行できるツールを利用しないと実施できません。

4. 効果測定をする

キャンペーンを実施した後は、応募者数やどのような層にアピールできたのかといった点を分析して効果測定を行いましょう。予算やキャンペーン内容を修正して広告効果を高めていくことが重要です。

成功のコツや実施する時のポイントは?

SNSキャンペーンを実施する際に意識するとよいポイントは、はじめにキャンペーンの目的を設定すること。最初に目的を明確にすることで、目的に合わせたプレゼントやキャンペーン方法が選定できます。

例えばQUOカードや商品券などのプレゼントは、自社商品に馴染みのない人でも欲しいと思ってもらいやすいため、早くフォロワーを増やしたい場合におすすめ。自社商品の販売促進やブランド力向上を目指したい場合には、応募条件を「画像投稿」や「商品の感想をコメント」などにするとよいでしょう。

また、応募数を増やすために、キャンペーン参加のハードルを下げることも大切。Xのインスタントウィンは抽選結果がすぐに分かることで応募が集まりやすいので、ツールを活用してキャンペーンを行うことがおすすめです!

SNSキャンペーン実施時の注意事項

Instagramの場合

Instagramのプレゼント企画では、以下のガイドラインの順守が重要です。

・プロモーションガイドライン:コンテスト、懸賞などのためにInstagramを利用する場合のガイドラインです。キャンペーンを行う際は必ず見ておきましょう。
・コミュニティガイドライン:Instagramを利用する上での一般的なガイドラインが記載されたページ。投稿の帰属や促し方に関する記載があるので確認が必要です。

詳しくは以下の公式HPの各リンクを確認してみてください。

Xの場合

Xでのプレゼント企画の際に、以下のルールを定めることが重要です。

  • 複数アカウントの使用を禁止する
  • 同じツイートを繰り返し投稿をさせない
  • 投稿に必ず「@ユーザー名」と記載する
  • ツイート内容とハッシュタグを関連させるよう推奨する

上記の点をルールに組み込むことで、応募ツイートの抽出がしやすくなりキャンペーン効果が高まります。また鍵アカウントは無効にする、引用RTは運営に支障をきたすため抽選の対象外にすることも重要です。

Xも公式HPのガイドラインも確認が必要なため、以下のリンクより確認してみてください。

SNS別キャンペーンの事例13選を紹介

ここからは、X、Instagram、TikTokで実際に開催されていたキャンペーンを取り上げます。リポストやハッシュタグを活用したキャンペーンから、企業の個性が感じられる面白いキャンペーンまで、幅広く紹介します。

Xの事例5選

1. マクドナルド

『マクドナルド』が開催していたこちらのキャンペーンは、アカウントをフォローし、新商品名のハッシュタグをつけた投稿をすることで、抽選で100名に1,000円分のマックカードが当たるキャンペーンです。

こちらのキャンペーンは、17,000リポストと15,000いいねを獲得(※)。新商品名をハッシュタグで投稿してもらうことで、ユーザーへの2次拡散や、商品名の認知度向上が見込める施策です。

※キャンペーン終了後の2023年12月14日時点の件数

2. キリンビール

『キリンビール』が開催していた写真投稿方式のキャンペーンは、3,200リポストと2,000いいねを獲得(※)。

こちらは公式アカウントをフォローし、2つの商品を飲み比べ、写真と感想を投稿することで応募できるキャンペーンです。100名に当たるこのキャンペーンの景品は「本麒麟」の6缶パックでした。

写真と感想を乗せた投稿により、ユーザー自身が当該商品の宣伝をしてくれるのがこのキャンペーンのポイント。また「写真を撮り、感想を書く」という体験によりユーザーの記憶にも残りやすく、結果的にエンゲージメント向上に繋がる可能性があります。

※キャンペーン終了後の2023年12月14日時点の件数

3. マツキヨココカラ

『マツキヨココカラ』が開催していた、フォローとハッシュタグをつけた投稿をすることで応募できるこのキャンペーンは、2,900リポストと985いいねを獲得(※)。

このキャンペーンは、アカウントをフォローし動画を視聴、動画のスクリーンショットとハッシュタグを合わせて投稿すると、10名に5,000円相当のプレゼントが当たるというものでした。

※キャンペーン終了後の2023年12月14日時点の件数

4. ニトリ

『ニトリ』が開催していたフォローと引用ポスト、ハッシュタグで参加できる「インスタントウィン」方式のキャンペーンは、15,000リポストと4,300いいねを獲得しました(※)。

インスタントウィンとは、専用のツールを使うことで、抽選結果を応募直後に自動で送れる機能のこと。このキャンペーンは、応募条件クリアで、その場で合計30名にニトリ商品券10,000円分が当選するというものでした。

このキャンペーンのようにインスタントウィン方式のキャンペーンは、結果がすぐに分かるためユーザーの参加のモチベーションになりやすく、応募者を集めやすいのが特徴です。

※キャンペーン終了後の2023年12月14日時点の件数

5. ローソン

『ローソン』が開催していた、フォローとハッシュタグをつけた投稿をすることで応募できるこのキャンペーンは、2,900リポストと985いいねを獲得(※)。

このキャンペーンは、アカウントをフォローし動画を視聴、動画のスクリーンショットとハッシュタグを合わせて投稿すると、10名に5,000円相当のプレゼントが当たるというものでした。

※キャンペーン終了後の2023年12月14日時点の件数

Instagram(インスタグラム)

1. 美酢

『美酢』がフォロワー5名に商品のプレゼントが当たるキャンペーンをInstagramで開催(※)。当選者には、DM(ダイレクトメッセージ)で結果を通知するというものでした。

このようなキャンペーンは、既存のフォロワーに対してキャンペーンを実施することで、既存顧客のロイヤリティ向上が見込める施策といえます。

2. ジェームズマーティン

『ジェームスマーティン』が、画像とハッシュタグをつけた投稿で応募できるキャンペーンをInstagramで開催(※)。当選者にはジェームズマーティンのギフトセットと、全国の『ピザーラ』で使用できるピザチケット5,000円分が当たるキャンペーンでした。

こちらは、ユーザーにハッシュタグと画像投稿をしてもらうことで2次拡散が期待できるキャンペーン。ユーザーが、当選のためにインスタ映えする画像を投稿してくれることで、ブランドイメージの向上にも繋げられます。

3. ニトリ

『ニトリ公式』が、フォローとハッシュタグ付き投稿で応募できるキャンペーンをInstagramで開催(※)。当選者20名には、10,000円分のニトリ商品券が当たるキャンペーンでした。

こちらは、ハッシュタグと合わせて「買ってよかったニトリの商品」を投稿してもらうというもの。ユーザーが自らニトリの商品を紹介してくれる点が、こちらのキャンペーン方法のポイントです。

4. Visee KOSE

『Visse ヴィセ公式』が、フォローと「いいね」をすることで応募できるキャンペーンをInstagramで開催(※)。当選者20名には、新作商品が当たるキャンペーンでした。

Instagramは「いいね」が多く付いている投稿ほど上位表示される傾向にあります。そのため、キャンペーンで「いいね」を多く獲得することは、認知度の向上や新規フォロワー獲得にも繋げられる可能性があります。

5. シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

『シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル』が、フォローと投稿へのコメントで応募できるキャンペーンをInstagramで開催(※)。当選者1名には、ホテルの宿泊券が当たるというものでした。

Instagramのコメント欄は、企業側とユーザーだけでなく、ユーザー同士の交流の場にもなり、企業やサービスに対して親近感を持ってもらいやすくなります。

また、Instagramはエンゲージメント(投稿に対するアクション)が増えれば増えるほど、ほかのユーザーにおすすめとして表示されやすくなるため、キャンペーンを通してコメントをしてもらうことは投稿の拡散にも繋がります。

TikTokの事例3選

1. フタバ食品

『フタバ食品』が、フォローと「いいね」をすることで応募できるキャンペーンをTikTokで開催(※)。当選者10名には、商品4種が当たるというものでした。

ユーザーにとってフォローや「いいね」は気軽にできるアクションのため、このようなキャンペーンは応募へのハードルが低く多くの応募者を集めやすいでしょう。

またTikTokで「いいね」を多く集めている投稿は拡散されやすい傾向にあるため、企業が認知度を上げたい場合にぴったりの施策といえます。

フタバ食品 公式Tiktok

2. 森永製菓

『森永製菓』が、フォロワー10名に抽選で1年分のゼリーをプレゼントするキャンペーンをTikTokで開催(※)。当選者には、DM(ダイレクトメッセージ)で結果を通知するというものでした。

既存フォロワーへのプレゼントという企画は、ユーザーのロイヤリティ向上に繋げられる施策の1つ。また応募条件を「期間中にフォロワーの方」とすることで、新規フォロワーの獲得も見込めるキャンペーンとなっています。

森永乳業 公式Tiktok

3. モスバーガー

『モスバーガー』が、フォローとコメントをすることで応募できるキャンペーンをTikTokで開催(※)。当選者100名には、デジタルギフトが送られるキャンペーンでした。

TikTokでモスバーガーの好きなメニューをコメントしてもらうことで、ユーザー間のコミュニケーションを促すだけでなく、宣伝効果にも繋がることがこのキャンペーンのポイントです。

モスバーガー 公式Tiktok

事例やコツを参考にしてSNSキャンペーンを成功させよう

本記事では、企業がSNSキャンペーンに取り組むべき理由から具体的な事例、成功させるコツまで紹介しました。

SNSを使ったプレゼントキャンペーンは情報を拡散しやすく、認知度を高めたり新規ユーザーを獲得できたりと、マーケティングにおいて大切な施策の1つです。効果的にキャンペーンを実施できるツールもあるので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事
意図的にバズを生み出す!SNSで拡散される投稿を作るポイントと注意点を徹底解説
サービスの認知拡大のために、SNSを活用している企業も多いでしょう。より多くのユーザーに認知してもらうためには、多くの人に投稿を拡散してもらう必要があります。本記事ではSNSで拡散する仕組みや、SNSでの拡散を成功させるポイントなどを徹底解説。これからSNSの運用を始める方や、拡散方法に苦戦している方はぜひ参考にしてみてください。
公開日:2024/06/21
売上やブランディングに繋がる!SNSマーケティング成功事例12選
SNSマーケティングの成功事例をピックアップして紹介します。一口にSNSといってもさまざまな媒体があるため、成功事例を参考に自社に合ったものを選んでみてください。記事の後半では、SNSマーケティングを成功させるポイントについてもわかりやすく解説します。
公開日:2024/06/21
顧客の声を施策や企画に活かせる!アンケートキャンペーンの実施方法を回答率アップのコツとともに徹底解説
アンケートキャンペーンについて詳しく解説。アンケートキャンペーンを成功させるためには、アンケートの参加率アップが重要です。本記事では、アンケートキャンペーンのポイントや実施手順を紹介します。売上に伸び悩む事業者の方に役立つ販促活動の実施方法を知ることができるので、ぜひ参考にしてみてください。
公開日:2024/06/21
販促施策のアイデア10選|売上向上に繋がるポイントも紹介
販促施策の具体的なアイデアを紹介します。自社に合った手法を用いて、販促施策を成功させましょう。販促施策の目的や成功させるポイントについても解説するので、自社製品のマーケティングやプロモーションの一環として取り入れてみてください。
公開日:2024/06/21
優れたプロモーション企画は市場分析とペルソナの設定が鍵!進め方のポイントを徹底解説
プロモーション企画の立案は販促活動を成功させるために重要な作業です。しかしいざ実施しようとすると、いい企画が思い浮かばなかったり、企画がスムーズに進行せず途中で断念したりする場合があります。本記事ではプロモーション企画の進め方や優れた企画を生み出すポイント、プロモーション企画の実施例についても解説します。記事を見れば初めての方でもユーザーに伝わりやすいプロモーション活動ができるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。
公開日:2024/06/20
WEBやSNSを活用したデジタルプロモーションとは?手法や成功事例について解説
デジタル技術を利用したデジタルプロモーションは、紙媒体を利用したプロモーションよりも効率よく販促活動が行えます。内容をよく理解せずに実施すると、無駄な費用が掛かり経営を圧迫する恐れもあります。本記事ではデジタルプロモーションの主な手法や成功させるためのポイントについて解説します。この記事を読めばすぐにデジタルプロモーションを実施できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。
公開日:2024/05/30

SNSキャンペーンを開催してみませんか?

今すぐ無料で開催することも可能です。または、まずは資料請求や無料デモを依頼して相談しながら進めることもできます。

今すぐはじめる

無料でアカウントを作成して、自由にキャンペーンを作成できます。
無料ではじめる

まずは相談する

Boosterの専門スタッフに相談しながら、キャンペーン開催の全面サポートを受けることができます。
お問い合わせ